【これで解決!】3日坊主はもう終わり!習慣化させたいなら、これを意識しよう

書籍レビュー
にゃおユキ
にゃおユキ

勉強とか筋トレとか始めるのにいつも3日坊主で続かないんだよなー。

社会人ともなると時間はとりづらいし困ったなー。

何かを始めようとしたときに、3日間とか長くても3週間ほどしか続けられなくて辞めてしまうことって多いですよね。そんな方のために、自分も実践している継続のテクニックをご紹介します。特に忙しい社会人の方にはおススメなのでぜひ読んでいってください。

記事の内容
  • 目標を決める
  • 週に4日間は実施する
  • 無理のないレベルで実施
  • 〇〇したら、△△をする
  • まとめ
  • 参考書籍

それでは記事についてお話を進めていきます。

・目標を決める

最初に意識することは目標をどこにするのかです。

何か新しい事にチャレンジしたりするときには必ず、目標を明確に持つことです。

この目標が明確でないと、自分自身がその行為に意味を持てずにやめてしまいやすくなります。

なので、必ず目標は決めましょう。

・週に4日間は実施する

目標を明確にしたら、それについて必要な学びやトレーニングを実施するわけですが、社会人ともなるとなかなか時間が取れないですよね。

それなのに週にどのくらいのペースでやればいいのかわからなくなったりしてすぐにやる気が失われてしまうことでしょう。

そんな方におススメなのは、週4日以上実施する。です。

週4日以上することでその活動を生活習慣に取りこみやすくなり、習慣化しやすくなります。

・無理のないレベルで実施

でも、時間のない社会人が毎回30分を作るのって週2日でも難しいですよね。

ですから、毎回15分週4日やるようにしましょう。

15分程度だったら起きる時間をずらしたり、逆に寝る時間をずらしてもそれほど苦にならずに作り出すことができますよね。

ツイッターやフェイスブックのSNSを見てる時間を無理のないレベルで減らして時間を作るのもありです。

意外と仕事の休憩時間中でも可能だったりしますよ。

自分の場合は、朝5分、昼5分、お風呂前5分を筋トレの時間として15分を実現してました。

・〇〇したら、△△する

これは、If-thenプランニングと呼ばれるテクニックなのですが

自分の行動を関連付けて、Aの行動をとった後には習慣化させたいBの行動をする。

というように他の行動に習慣化させたい行動を関連付けさせてあげるテクニックです。

逆に習慣化させたいBの行動をした後に、習慣化しているAの行動をする。でもありです。

具体的には、「筋トレした後にお風呂に入る」、「ご飯を食べたら、15分間勉強する」などです。

話が少しそれますが、タバコがやめられない人の多くは「ご飯を食べたら、タバコを吸う」という行動が関連付けられているため習慣となっているのでやめられなかったりします。

If-thenプランニング はかなり強烈なテクニックなので活用しましょう!

・まとめ

以上の4つが自分が特におススメする意識するべきテクニックになります。

自分も何か初めても続かなく、努力することもできないダメ人間なんだと落ち込んだりしていました。

が、記事の内容を意識するようにしたら筋トレを続けることができ腹筋を割ることが出来ました。

トレーニング初期
トレーニング開始から3か月後

このように、習慣化のテクニックを使えば憧れの自分に近づくことが出来ますので頑張ってください。

・参考書籍

このように変われたのもいくつかの本に出会たからです。

参考にさせていただいた、ありがたい書籍なのでここで紹介しておこうとおもいます。

まず、一つ目がハイディ・グラント・ハルバーソンさんという方が書いた

やり抜く人の9つの習慣」という本です。

薄くて読みやすく、読破しやすいので本を読むのが不得意な方でも読み切れると思います。

二つ目がDaigoさんの

超習慣術」という本です。

こちらには、一つ目で紹介した「やり抜く人の9つの習慣」に書いてある内容を

こちらにも似たようなことが書かれていたりしますが、理解しやすいように書かれていたりして内容がスッと入ってくる感じになっています。

書籍の紹介が、けっこう雑になってしまいましたがどちらの本にも

ご紹介出来ていないテクニックがたくさん書いてあるので気になった方は読んでみてください!

この記事が誰かの為になればうれしいです。

では、ノシシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました